ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

ステンレス SUS410(+)ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)焼パシペート処理


商品説明

SUS410 ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)
【別名:(Aなべ)(なべタッピング)(なべTPA)】

SUS410製で先端がとがった1種A形のタッピン(タッピング)ねじのなべ頭形状です。

SUS410はC(炭素)が多い熱処理ができるステンレス鋼の為硬さを要求される
タッピンねじやセルフドリリングスクリューに使われています。
C含有量が高い分、耐食性の面では劣ります。ステンレスを「さびにくい鉄」
とは言っても、さびの程度はSUS410でも鉄の約1/200位です。
通常のステンレス材に比べて磁性があります。

■SUS410 ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)の頭部■
まさにお鍋をひっくり返した様な形状です

■SUS410 ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)の寸法■
サイズはねじ径x首下長さmmです。(全長ではありません。)

■SUS410 ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)の形状■
1種(A形)はピッチが最も荒く先端部まで尖り、先端までネジ山が立っている。
先端の尖っている部分は穴のセンターの位置決め用のガイドと喰いつきを助ける
役割がある。1種は呼び径に対しオーバーサイズ(呼び径より太い)

■SUS410 ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)の特長■
タッピンねじとは、相手材(主に鋼材)に下穴を開けた所に、ねじ自らねじ立て
をしながら締め付けを行うねじで、ねじ立て作業の手間を省き、ねじにガタつき
がない為、ゆるみにくいのが特長です。下穴の寸法は、材質や板厚等により作業
性を重視すると大きめに、締め付け強さを重視の場合は小さめの穴サイズとなる

主に薄鋼板(1.2?以下に最適),ハードボード,木材,石綿等

タッピンねじの特徴についてはこちらをご参照ください。

【注】寸法図の長さ(L)については、ご注文、見積り画面のサイズ(型番)でご確認いただけます。


商品写真

ステンレス SUS410(+)ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)焼パシペート処理の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

ステンレス SUS410(+)ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)焼パシペート処理の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

ステンレス SUS410(+)ナベ頭 タッピンねじ(1種 A形)焼パシペート処理の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」