ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

鉄(+)ナベ頭タッピンねじ(3種溝付C-1形) P=3 (バネ座+JIS平座 組込)


商品説明

【別名:(C1なべP=3)(なべタッピング座金組込)(なべタッピングW、SW組込)】

鉄のなべタッピンセムスねじ P=3です。
なべ頭形状のC1タッピンねじに、バネ座+JIS平座金が組込れてはずれない形状です。

■頭部■
なべ頭はまさにお鍋をひっくり返した様な形状です。

■寸法■
サイズはねじ径x首下長さmmです。(全長ではありません。)

■形状■
先端2.5〜3山がテーパーになっており、3種タッピンの先端を1/4カットしてあり、カット部は刃の役割をして相手材を削っていく。
板厚物はねじ込みトルクが大となるので溝付の方が良い。
2種タッピンより厚板に対応できる。
主に構造用鋼(厚板一般)、鋳物、非鉄鋳物に適している。

■特長■
タッピンねじとは、相手材(主に鋼材)に下穴を開けた所に、ねじ自らねじ立てをしながら締め付けを行うねじで、ねじ立て作業の手間を省き、ねじにガタつきがない為、ゆるみにくいのが特長です。
下穴の寸法は、材質や板厚等により作業性を重視すると大きめに、締め付け強さを重視の場合は小さめの穴サイズとなる。

(1)組み付け工程の削減---作業者による時間のバラツキが無し
(2)座金の組込み忘れの防止
(3)相手材の座面の傷付け防止
(4)締め付け座面圧の緩和と安定した締め付け力の確保
(5)自動機にも対応可(組んだ座金が落ちない)
(6)ねじの管理面と保管スペース等の効率

※なべ頭の穴は、十字穴、プラス(+)ドライバーで締め付けるタイプです。


・座金の組み合わせ一覧表はこちら
  

・平座金規格一覧表こちら
  

タッピンねじの特徴とご選定こちらをご参照下さい



商品写真

鉄(+)ナベ頭タッピンねじ(3種溝付C-1形) P=3 (バネ座+JIS平座 組込)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

鉄(+)ナベ頭タッピンねじ(3種溝付C-1形) P=3 (バネ座+JIS平座 組込)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

鉄(+)ナベ頭タッピンねじ(3種溝付C-1形) P=3 (バネ座+JIS平座 組込)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」