ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

ステンレス SUSXM7 サンコータイト(+)Bタイプ バインド頭


商品説明

SUSXM7 サンコータイト Bタイプ バインド頭(ステンレス)
【別名:(Bタイプバインド)(タップタイト)(Bタイト)】

ステンレス製のタッピン(タッピング)ねじ Bタイプ のバインド頭形状です 。
SUSXM7とはSUS304の短所である冷間加工性の悪さを、柔らかい金属のCu(銅)を
添加して加工硬化性を抑え冷間加工しやすく改良したステンレス鋼です。
耐食性や強度はSUS304と同様に優れています。
SUSXM7のような鋼種名は独特ですがJIS規格にも認定された鋼種です。
磁性微弱あり

■SUSXM7 サンコータイト Bタイプ バインド頭(ステンレス)の頭部■
頭部が大きい為、座面が大きく座面陥没を防止する
効果があります。形状はトラス頭の縁の部分に、少し立ち上がりがあります。

■SUSXM7 サンコータイト Bタイプ バインド頭(ステンレス)の寸法■
サイズはねじ径x首下長さmmです。(全長ではありません。)

■SUSXM7 サンコータイト Bタイプ バインド頭(ステンレス)の特長■
ねじ部の断面が、オニギリ形状(三角形)になっています。
2種(B種)タッピンねじの改良品(ピッチが2種タッピンねじと同じ.60°)

金属薄板や可塑性樹脂(樹脂=プラスチック)に最適です。


【熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の違いとねじ選定のご参考】

・熱可塑性樹脂とはーーPタイプ、Bタイプねじ使用
           熱を加えると軟化(可塑化)する樹脂のことで、1度硬くなって形が
           出来上がっても、再度熱を加えると軟らかくなる性質の樹脂です。
・熱硬化性樹脂とはーーB1タッピン2種ねじ使用
           熱を加えると硬化する樹脂 のことで、1度硬くなると、
           再び熱を加えても軟らかくならず変形しない性質の樹脂です。


タッピンねじの特徴についてはこちらをご参照ください。


商品写真

ステンレス SUSXM7 サンコータイト(+)Bタイプ バインド頭の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

ステンレス SUSXM7 サンコータイト(+)Bタイプ バインド頭の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

ステンレス SUSXM7 サンコータイト(+)Bタイプ バインド頭の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」