ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

ステンレス SUS410 サンコータイト(+)Pタイプ ナベ頭 (樹脂用ねじ)


商品説明

サンコータイトPタイプ ナベ頭 (SUS410)
【別名:(Pタイプなべ)(タップタイト)(Pタイト)】

SUS410製のタッピン(タッピング)ねじ Pタイプ のナベ頭形状です。

SUS410はC(炭素)が多い熱処理ができるステンレス鋼の為硬さを要求される
タッピンねじやセルフドリリングスクリューに使われています。磁性あります。
C含有量が高い分、耐食性の面では劣ります。ステンレスを「さびにくい鉄」
とは言っても、さびの程度はSUS410でも鉄の約1/200位です

■サンコータイトPタイプ ナベ頭の頭部■
まさにお鍋をひっくり返した様な形状です

■サンコータイトPタイプ ナベ頭の寸法■
サイズはねじ径x首下長さmmです。(全長ではありません。)

■サンコータイトPタイプ ナベ頭の特長■
ねじ部の断面が、オニギリ形状(三角形)になっています。
ねじ部は2条ねじでピッチはJISより粗く45度です。

プラスチック(可塑性樹脂)専用タッピンねじ。

BタイプやB1タッピンねじと比較して
2条ねじのため作業性は早く、保持力、締め付けトルクも大きく
可塑性樹脂の割れ、カケ、焼付も起こらないのが優位です


【熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の違いとねじ選定のご参考】

・熱可塑性樹脂とはーーPタイプ、Bタイプねじ使用
           熱を加えると軟化(可塑化)する樹脂のことで、1度硬くなって形が
           出来上がっても、再度熱を加えると軟らかくなる性質の樹脂です。
・熱硬化性樹脂とはーーB1タッピン2種ねじ使用
           熱を加えると硬化する樹脂 のことで、1度硬くなると、
           再び熱を加えても軟らかくならず変形しない性質の樹脂です。


タッピンねじの特徴についてはこちらをご参照ください。


商品写真

ステンレス SUS410 サンコータイト(+)Pタイプ ナベ頭 (樹脂用ねじ)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

ステンレス SUS410 サンコータイト(+)Pタイプ ナベ頭 (樹脂用ねじ)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

ステンレス SUS410 サンコータイト(+)Pタイプ ナベ頭 (樹脂用ねじ)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」