ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

ステンレス 小形六角ボルト 全ねじ (細目)


商品説明

 ・ステンレス鋼なので耐食性、耐熱性に優れています
 ・細目ねじ---- 並目より細かいピッチ(山と山の間隔)で、振動による緩み止めが大きな目的です。
  ・並目ねじと細目ねじ使い分けのポイントは、
    並目ねじ-----------標準品による経済性・締付作業性
    細目ねじ(極細目)---ゆるみ密さ微調整を必要・肉薄による強度不足
 ・小型ボルトとは、六角頭部の2面幅(平径、スパナ径)が一般のボルトに比べ小さい(例M8=12mm)
  主に自動車関係で使用されている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ねじ山の種類
 ・ISO ねじ(表記M)---- 一般品(指定や記載が無い場合はこの規格になります)
 ・ウイットねじ(表記W)-----ぶねじ(インチ呼称)とも言い、建築、設備等一部で流通
 ・ユニファイねじ(表記UN)--アメリカねじ(インチ呼称)とも言い表記はUNC(並目)、UNF(細目)


もっと詳しくはこちらへ  




●ピッチ(山と山の間隔)について
 ・並目--- 一般品(指定ない場合はこの規格となります)(例M10=p1.5) 
 ・細目---- 並目より細かい(緩みとめ)(例M10=p1.25)
 ・極細目--- 細目より更に細かい(緩みとめ)(例M10=p1.0)


●製造方法 
 ・トリーマー----六角頭にはトリーマーとアプセットの2タイプある。ヘッダーにて円形のチーズ頭を製作し、
      それを六角形の穴のあいたダイスに通し、六角形に縁を取る方法で頭部の成形を行っている。
 ・アプセット--圧造成形による六角形ボルトで、頭に凹み(くぼみ)がある。
 ・切削加工--挽き物・削り物とも言われ棒材を工作機械で切削工具を使用して加工する方法です。
 ・転造ねじ--ねじ面をもつ1組のダイスを移動させてねじ山を形成する塑性加工。


●材質
 ・SUS304又はXM7--- 一般品
 ・SUS316----------高耐食性
 ・SUS316L---------高耐食性
 ・SUS310S---------耐熱鋼
 ・SUS403---------焼付け防止(ボルト304の組合せ時)


もっと詳しくはこちらへ  



●その他用語
 ・全ネジ(押ボルト)---六角雄ねじ首下から全部ネジが切れているもの。
 ・半ねじ(中ボルト)---雄ねじで全部ネジが切れていないもの。その長さが半分とは限らない。
 ・ねじ長さ--首下長さ125mm以下は、ねじ径x2+6mmが一般的な有効ねじ部の長さです。(例M10=26mm)
 ・スリ割り入り(ー)---------------マイナスドライバーで使用、装飾目的にも使用。
 ・小型頭---2面幅(平径)が一般のナットに比べ小さい(例M8=12mm)。
 ・左ねじ---通常の右ねじと逆の左廻り(反時計廻り)に廻した時にその人から遠ざかるねじ。
 ・平径(2面幅)-----六角又は四角のまっすぐな所どうしの間(径x約1.5倍)。
 ・対角----六角又は四角の相対する側の一番遠い角同士の間(平径x約1.15倍)。
 ・ピッチ----隣り合う、ねじ山とねじ山の間の距離。
 ・ミルシート--材料証明書のこと。製品に対して適正な材料を使用確認のために提出する書類。                                                
 ・有効ネジ部--ボルトが入る長さ。ネジ入り深さ実寸法、保証寸法。
 ・不完全ネジ部--完全にネジ山が立ち上がっていない部分。ねじ加工工具の面取り部または
       食い付き部等によって作られたテーパー状の不完全なねじ部。            
 ・胴太--軸太とも言う。半ネジでネジ無し部(胴部、軸部)の径がネジの外径と同じ太さのもの。
 ・胴細--軸細とも言う。半ネジでネジ無し部(胴部、軸部)の径がネジの外径より細いもの。


商品写真

ステンレス 小形六角ボルト 全ねじ (細目)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

ステンレス 小形六角ボルト 全ねじ (細目)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

ステンレス 小形六角ボルト 全ねじ (細目)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」