ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

ステンレス 寸切(インチ・ウィットネジ)(定尺以外の長さ品)(切放し)


商品説明

【切りっ放しの特徴】
★平先に比べてコストが安い
★ネジ部が先端まで切れている為有効長が平先に比べて長い


・ステンレス鋼なので耐食性、耐熱性に優れています
 頭のない総ねじで、長ネジ、全ネジ、寸きり、等呼ばれ、長さも標準である。

 使用時に必要な長さにカットして、調整用ねじやナットを頭部に溶接して長尺ロングボルトに
  しての利用もある。


・左ねじ
 ・通常の右ねじと逆の左廻り(反時計廻り)に廻した時にその人から遠ざかるねじです。
   機械の回転部分に使用され緩み防止に利用される他、ターンバックルの左右一対等に使用されている。

・ウイットねじとは
 ・ウイットウォースネジ規格品で、インチ(ぶねじ呼称)とも言い、W表記(例3/8-16山)ねじです。
  山の角度が55度のインチねじ・1968年にJIS規格は廃止されたが、現在も国内の建築関係・電気・水道・
  空調設備関係の業界や、古い機械関係でも使われている。
   他にインチねじには2種類あり下記アドレスの《インチネジの区別》をご確認ください。


●ねじ山の種類
 ・ISO ねじ(表記M)---- 一般品(指定や記載が無い場合はこの規格になります)
 ・JIS ねじ(表記M)-----M3〜M5まではピッチが違う(旧jisで古いねじ)
 ・ウイットねじ(表記W)-----ぶねじ(インチ呼称)とも言い、建築、設備等一部で流通
 


詳しくはこちらへ  



●ピッチ(山と山の間隔)について
 ・並目--- 一般品(指定ない場合はこの規格となります)(例M10=p1.5) 
 ・細目---- 並目より細かい(緩みとめ)(例M10=p1.25)
 ・極細目--- 細目より更に細かい(緩みとめ)(例M10=p1.0)


●製造方法 
 ・切削加工--挽き物・削り物とも言われ棒材を工作機械で切削工具を使用して加工する方法です。
 ・転造ねじ--ねじ面をもつ1組のダイスを移動させてねじ山を形成する塑性加工。


●材質
  鉄、ステンレス、真鍮(黄銅)、S45C、SNB7、樹脂製。


商品写真

ステンレス 寸切(インチ・ウィットネジ)(定尺以外の長さ品)(切放し)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

ステンレス 寸切(インチ・ウィットネジ)(定尺以外の長さ品)(切放し)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

ステンレス 寸切(インチ・ウィットネジ)(定尺以外の長さ品)(切放し)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」