ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

ステンレス プッシュナット(軸用)(太陽ステン品)


商品説明


・ステンレス鋼なので耐食性、耐熱性に優れています。
・軸部に溝加工が必要ない止め輪でスラスト方向からの挿入です。
・内周に角度の付いた爪があり、その爪のエッジ部分が軸部外周に食い込み
  逆から押されても抜けない形状になっています。


●関連用語
・スラスト方向----止め輪などを挿入する際に使用される言葉で、         
          軸部に対して、180度の方向を「スラスト方向」という。   
・ラジアル方向----止め輪などを挿入する際に使用される言葉で、         
          軸部に対して、90度の方向を「ラジアル方向」という。
・公差(コウサ)-----規定された許容最大値と許容最小値との差のこと。
・スタック---止め輪などの製品で、作業性を考慮して工具に喰いつきやすいように
        棒状に整列させ、テープなどで貼り付けた梱包のこと。
・調質-------普通、70?f/平方?以上の引張り強さが要求されるねじ類については、
       中炭素鋼および合金鋼を使用するので、所定の温度に加熱してから急冷し、
       さらに目的に応じた硬さにするために再度適当な温度に加熱して、
       硬さと粘さを得る作業が必要となる。この作業を調質という。
・テンパーGB---ステンレスに熱を加えると茶色く変色する、 この色のこと。    
・テーパー-------TAPER。先細の円筒のような形。また、その先細りの勾配。
・面取り---------角が立たないように削ること。一般的にはC面は45度゜で取る。
・焼き入れ------ 鋼を730℃以上に熱くして急冷します。鋼を硬くする処理。
・焼きなまし----- 鋼を730℃以上に熱くしてゆっくり冷まします。鋼を柔らかくする処理。 
・焼き戻し------鋼を730℃以下に熱くして急冷します。焼き戻し温度が低いほど鋼は硬くなります。            
        「焼き戻し」だけというのはほどんどなく、「焼き入れ」+「焼き戻し」
         で処理するのが一般的です。鋼を粘くする処理。
・S45C 高炭素鋼---SWCHと構成成分は同等で、C(炭素)を多く含む鋼。    
          45とは0.45%のC(炭素)を含むことを表しています。
          焼き入れ性がよく、強度区分8.8などのボルト等に使用します。

・S45C(A)---------S45C材で「焼きなまし」したものをこう呼ぶ。        
         (A)= 熱きなましの状態を意味する。            
・S45C(H)---------S45C材に「焼き入れ」したものをこう呼ぶ。
         (H)= 熱処理済のものをこう呼ぶ。
・S45CQ ----------平行ピンやテーパーピンなどピン関係のS45C材・焼き入れ品において、
          S45C(H)「まるH」とは言わずに「Q」と表現する。   
          「Q」= Quench「=焼きを入れる」の頭文字。



もっと詳しくは下記ウェブサイトへ
http://www.taiyo-sp.co.jp/pro.html


商品写真

ステンレス プッシュナット(軸用)(太陽ステン品)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

ステンレス プッシュナット(軸用)(太陽ステン品)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

ステンレス プッシュナット(軸用)(太陽ステン品)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」