ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

黄銅 六角ナット 並(旧JIS)(切削)


商品説明

・切削加工によるナットです。
旧JIS規格は現在も古いねじに使用され、下記3種類についてはネジ山が違います。
下記の3サイズ以外はISOねじと同じピッチ(内)です。 
   M3---旧JIS規格(0.6)---ISO規格(0.5)
   M4---旧JIS規格(0.75)--ISO規格(0.7)
   M5---旧JIS規格(0.9)---ISO規格(0.8)

●真鍮は、黄銅やブラスと呼ばれることもあり,5円玉の素材にも使用されいます。
 色味についてのご注意として生地(素材)は時間経過とともに黄色から酸化によって
 黒ずみの発生で変色します。ご指定の場合は注文時に備考欄に記載ください。


●ねじ山の種類
 ・ISO ねじ(表記M)---- 一般品(指定や記載が無い場合はこのです)
 ・JIS ねじ(表記M)-----M3〜M5まではピッチが違う(旧jisで古いねじ)
 ・ウイットねじ(表記W)-----ぶねじ(インチ呼称)とも言い、建築、設備等一部で流通
 ・ユニファイねじ(表記UN)--アメリカねじ(インチ呼称)とも言い表記はUNC(並目)、UNF(細目)
 ・管用ねじ----ガス山(表記G他)(インチ呼称)とも言い水道管材業界で主に流通している。
   他に角ねじ、台形(梯形)ねじ、ミシン、自転車、バルブねじ等ある。


もっと詳しくはこちらへ  


●ナットの形状
 ・1種---片面取りで高さが呼び径の約8割(例M10=高さ8mm)
 ・2種---両面取りで高さが呼び径の約8割(例M10=高さ8mm)
 ・3種---両面取りで高さが呼び径の約6割(例M10=高さ6mm)
 ・4種---上部に面取り、下部に座付(一般流通なし)
 ・小型---2面幅(平径)が一般のナットに比べ小さい(例M8=12mm)
 ・JIS----2面幅(平径)が一般のナットに比べ大きい(例M8=14mm)
 ・10割---高さが呼び径の約10割(例M10=高さ10mm)



●ピッチ(山と山の間隔)について
 ・並目--- 一般品(指定ない場合はこの規格となります)(例M10=p1.5) 
 ・細目---- 並目より細かい(緩みとめ)(例M10=p1.25)
 ・極細目--- 細目より更に細かい(緩みとめ)(例M10=p1.0)


●材質について
 ・黄銅(おうどう)は、銅と亜鉛の合金で、別名とも真鍮とも言います。
  材質の特長としては、導電性に優れ電気部品に使用される他、展延性、加工性、
  耐食性も良く生地品のゴールド(金色)で使用したり、メッキ性が良いため、耐食性や
  美観高める為ニッケルメッキや、錆を落とし、光沢を出すキリンス処理等で使用される反面、
  荷重に弱いため使用する目的に合っての選定が必要となります。
 
●その他用語
 ・コンタルナット---3種ナットのこと。
 ・左ねじ---通常の右ねじと逆の左廻り(反時計廻り)に廻した時ににその人から遠ざかるねじ。
 ・ホーマーナット---量産品の一般製造方法(横型プレス機械よる製法)
 ・平径(2面幅)-----六角又は四角のまっすぐな所どうしの間(径x約1.5倍)
 ・対角----六角又は四角の相対する側の一番遠い角同士の間(平径x約1.15倍)
 ・面取り---頂面、座面等の角部分を削り丸み等持たせ喰つきをよくする加工。
 ・ピッチ----隣り合う、ねじ山とねじ山の間の距離。
 ・リード----ねじを一回転させて軸方向に進む距離
 ・座面----ネジ部品の締め付けの際、直接荷重を受ける面の部分。
 ・バリ--削りきれていない断片(かけら)または加工により出来てしまった不要なでっぱり。
 ・2種ナットの役割-----面取り向きを気にせず作業性向上の特長がある。
 ・フランジ(ツバ)---帽子のひさし部の様なでっぱりで緩み止め効果用。
 ・セレート(ナール)---相手材に接する面についているゆるみ止めの為のギザギザのこと
 ・ダブルナット---ゆるみ止め目的で(1種x2)又は(1種+3種)ナットを組み合わせ使用のこと。                 


商品写真

黄銅 六角ナット 並(旧JIS)(切削)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

黄銅 六角ナット 並(旧JIS)(切削)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

黄銅 六角ナット 並(旧JIS)(切削)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」