ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

黄銅 袋ナット(インチ・ウィットネジ)


商品説明

・黄銅(おうどう)は、銅と亜鉛の合金で、別名とも真鍮とも言います。
  材質の特長としては、導電性に優れ電気部品に使用される他、展延性、加工性、耐食性も良く
  生地品のゴールド(金色)で使用したり、メッキ性が良いため、耐食性や美観固める
  ためニッケルメッキや、錆を落とし、光沢を出すキリンス処理等で使用される反面、
  荷重に弱いため使用する目的に合っての選定が必要となります。


・外形が六角ナットの片面上部に帽子状のキャップを、溶接により一体化した六角袋ナットで、
  ねじの先端が出ないように隠した、外観を重視したナットです。

・一般品は3型2種品ですが、製造方法により、1,2,3型とあり袋状の違いや、またそれぞれに
  六角ナット部分は同様に1,2,3種があり一般市販品の2種は六角部分が上下面取りがされています。


・ウイットねじとは
 ウイットウォースネジ規格品で、インチ(ぶねじ呼称)とも言い、W表記(例W3/8-16山)ねじです。
 山の角度が55度のインチねじ・1968年にJIS規格は廃止されたが、現在も国内の建築関係・電気・水道・
 空調設備関係の業界で使われている。
  他にインチねじには2種類あり下記アドレスの《インチネジの区別》をご確認ください。
   http://www.neji-no1.com/contents/06/index.html

・使用用途としては、安全性、装飾性、液体のリーク防止。


●ねじ山の種類
 ・ISO ねじ(表記M)---- 一般品(指定や記載が無い場合はこのです)
 ・JIS ねじ(表記M)-----M3〜M5まではピッチが違う(旧jisで古いねじ)
 ・ウイットねじ(表記W)-----ぶねじ(インチ呼称)とも言い、建築、設備等一部で流通
 詳しくは
  http://www.neji-no1.com/contents/06/index.html


●その他用語

 ・左ねじ---通常の右ねじと逆の左廻り(反時計廻り)に廻した時にその人から遠ざかるねじ。
 ・ホーマーナット---量産品の一般製造方法(横型プレス機械よる製法)
 ・平径(2面幅)-----六角又は四角のまっすぐな所どうしの間(径x約1.5倍)
 ・小型頭---2面幅(平径)が一般のナットに比べ小さい(例M8=12mm)。
 ・対角----六角又は四角の相対する側の一番遠い角同士の間(平径x約1.15倍)
 ・面取り---頂面、座面等の角部分を削り丸み等持たせ喰つきをよくする加工。
 ・ピッチ----隣り合う、ねじ山とねじ山の間の距離。
 ・リード----ねじを一回転させて軸方向に進む距離。


商品写真

黄銅 袋ナット(インチ・ウィットネジ)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

黄銅 袋ナット(インチ・ウィットネジ)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

黄銅 袋ナット(インチ・ウィットネジ)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」