ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

SM(亜鉛ダイカスト製)枠式ターンバックル(両フック)


商品説明

ターンバックルとは、両端が雌ネジ(右ねじ+左ねじ)加工された枠で、
 筋交(すじかい)に使用して張りを調整するための金具です。
 主に建築分野で使用される


種類により建築構造物の耐震金具から装飾用のワイヤーロープの張り調整等、幅広く利用させています。

1)SM(亜鉛ダイカスト製)枠式タンバックル(両フック)
  主に装飾目的の簡易用途でサイズも3/8(3分)までで両端がフック付タイプのみです。

2)割り枠式ターンバックル  枠のみ
  枠のみで両端につけるねじは付いて無い。
  セット品はインチサイズのみですが、枠のみの場合はミリねじも標準であります。
  また胴部分は、割り枠式の他に、パイプ式(PSタイプ)も鉄、ステン共にあります。

3)割り枠式ターンバックル (両フックor両ハッカー)
   一番一般的に利用されています。 両側がフックのため取り付け、取り外しも簡単です。

4)割り枠式ターンバックル ストレート
   枠の両側にストレートの棒が出ていて、それに丸棒や羽子板等に溶接して使用します。

5))割り枠式ターンバックル オーフ
   枠の両側にアイボルト形状の丸環が付いて、それに引っ掛けて使用します。


商品写真

SM(亜鉛ダイカスト製)枠式ターンバックル(両フック)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

SM(亜鉛ダイカスト製)枠式ターンバックル(両フック)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

SM(亜鉛ダイカスト製)枠式ターンバックル(両フック)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」