ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」

イシハシ ハンドタップSKH(先タップ#1)


商品説明

・一般的なねじ立て作業に使用される組タップの先タップ(#1番)です。


・ねじ部径が同一寸法で喰付き部(先端刃)の長さの違いにより、先(9山)、中(5山)、上(1.5山)があります。
・呼称は、先タップ(#1番)、中タップ(#2番)、上タップ(#3番、仕上げタップ)です。
・先タップは、1刃あたりの切削代が少ないが切削時間が長い。
・販売は単品(先、中、上)と、3本組タップのセット品があります。
・工具鋼材質はSKS材も販売扱いもありますが、SKH材(ハイス鋼)が主流一般品です。
・手作業で使用の場合は先タップから順にセットで使用しますが、用途によりいずれか1本を使用の場合もあり。

 

●タップには用途に合った品種を選定下さい

 ・ハンドタップ
   先タップ(#1番)、中タップ(#2番)、上タップ(#3番、仕上げタップ)の3種類からなり
   手作業で使用の場合は先タップから順に使用しますが、用途によりいずれか1本での使用可能。
   切り屑をタップ本体に抱え込む為、止り穴、通り穴(貫通)兼用で使用できます。

 ・スパイラルタップ 
   切り屑を上方向(タップシャンク側)に排出するタップで主に止り穴に使用するが、通り穴にも使用可能
   切削トルクはハンドタップより小さい。

 ・ポイントタップ(ジェットタップ)
   切り屑をスパイラるとは逆の前方向に押し出しながらねじ立て排出するため通り穴(貫通)に使用する。
   切り屑がねじ山に入り込む事が無い為トラブルが少なく、切削トルクは一番小さい。

 ・ロールタップ
   切削しないでメネジを形成するため切り屑が出ず、止り穴のねじ立てに最適で切り屑の処理も楽です。  


商品写真

イシハシ ハンドタップSKH(先タップ#1)の商品写真
* 商品写真はあくまでも参考です。
寸法図

イシハシ ハンドタップSKH(先タップ#1)の寸法図
寸法表  ※ねじの長さ等については、商品選択フォームのサイズ選択欄にてご確認ください。

イシハシ ハンドタップSKH(先タップ#1)の寸法表


ネジ・ボルト・ワッシャーのことなら「ねじNo1.com」